多くの動物には、雄と雌という二つの性がある。雄と雌が遺伝子を混ぜ合わせて次の世代をつくる繁殖様式を、有性生殖と呼ぶ。人間の目に見えるような生物の多くは有性なので、それが当然のように思えるかもしれないが、「増える」「次世代をつくる」という点では、有性である必然性はない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。