人気作家の池井戸潤氏が600枚の原稿を一度全てボツにし、書き直した末に出来上がったという小説『ノーサイド・ゲーム』。出世の道を閉ざされたサラリーマン、君嶋隼人が異動で会社のお荷物といわれるラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャー(GM)を任され、自らの再起を懸けて戦う物語だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。