建設業のM&A(企業の合併・買収)の件数が過去最高水準になった。業績は絶頂期なのになぜ? 建設業の廃業数が高止まりしている。活況なのになぜ? 異変の真相、絶好調業績の深層に迫って見えてくるのは、今こそがM&A、廃業など大きな決断をするタイミングであるということだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。