タイで今年3月に総選挙が実施され、実質的な軍事政権の継続を目指した「親軍派」が19もの政党との連立により下院の過半数を制した。7月には新しい閣僚の顔触れが決まり、ようやく新政権の発足にこぎ着けた。そこで、タイ新政権の政策運営や起こり得るリスクについて考えたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。