「社会保障と税の一体改革」は、これまで消費税の増税を中心に進められてきた。しかし、それが課題の本質ではない。社会保障制度、特に年金制度の見直しこそ重要である。それが財政赤字の主要な原因だからだが、それだけではない。現在の社会保障制度が日本経済の活性化にとって大きな桎梏になっているからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。