「国際金融危機から10年が経ち、世界経済は再び十字路に立っている。保護主義、自国至上主義が持続的に蔓延し、貿易と投資をめぐる争いは過熱し、グローバル産業構造と金融の安定に悪影響を及ぼしている。世界経済をめぐる運営リスクと不確実性は高まり、海外投資家の自信は明らかに不足している」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。