戦後の経済復興の原動力となった財閥系企業グループ。近年「鉄の結束」を誇ってきた三菱グループに異変が生じている。グループの求心力低下に歯止めがかからないのだ。グループの瓦解に頭を悩ませているのは、三井・住友とて同じだが、解は見えない。これまで、経済合理性を超えた「ブランド力」で日本を牛耳ってきた三大財閥グループを大解剖する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。