国が独占禁止法に関する特例法の制定を表明し、地方銀行の再編を後押ししようとしている。それと時を同じくして、監督官庁である金融庁も銀行の「将来の収益力」を理由に「伝家の宝刀」である行政処分を下せるように制度を見直した。国を挙げての銀行淘汰の幕が開いた──。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。