一連の増資インサイダー事件では、「市場の管理人」たる東京証券取引所もやり玉に挙がった。7月26日午前に開かれた参議院・財政金融委員会でのことである。野村OBとして謝罪した東証の斉藤惇社長の言葉はしかし、どこかひとごとだった。これに異を唱えたのが、民主党の大久保勉参院議員だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。