「安倍1強」の下、「変節」が政治の世界でも目立つ。参議院選挙では旧民主党議員4人が自民党から出馬予定だ。「民主党幹事長」から「自民党幹事長」派閥に入った細野豪志代議士にもその批判が付きまとう。転身の弁を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。