最近、日本市場で頻発した不祥事は、どれもプロがプロとしての倫理観を失うという“病理現象”が蔓延した結果、起こったことだ。増資インサイダー取引については、たとえ犯罪として摘発されなかったものでも金融市場の健全性を損なったという意味で深刻な問題といえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。