入試面接官の前に座った中国人の男子受験生は、日本で原子力を学び、将来は中国で原子力発電所の事業に携わりたいという思いを熱っぽく語った。都内の私立大学である東京都市大学は、一般入試とは別に2018年秋から原子力人材の獲得を目的とした入試を始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。