石油の一滴は血の一滴。エネルギーは国家の存亡に関わり、各国のエゴがぶつかり合う。シェール革命の恩恵を受けて世界最大の産油国となった米国は、支配者の我を出してきた。対照的に日本は原油消費量で中国、インドに抜かれて4位まで落ち、バイヤーとしての優位な立ち位置を失いつつある。エネルギーをめぐる地政学は大転換点を迎えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。