ものづくり志向からサービス志向へのビジネスモデルの転換、米中経済戦争のさらなる激化、中国経済のブレーキ、国内市場の低迷──。長らく日本経済の屋台骨を支えてきた製造業の成長に赤信号がともっている。混迷の度を深める最新決算のポイントを、本誌の業界担当記者が深読みして解説する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。