自主独立性が強いトヨタ自動車でさえも、環境対応車への開発投資負担が重く、提携先を広げている。投資負担を下げるためにも、規模は追わざるを得ない。しかし1990年代とは異なり、強者が弱者をのみ込む「資本参加」形式のアライアンスは流行っていない。環境を軸とした緩やかな連携が相次いでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。