フランス南西部のボルドーは、12世紀後半には世界有数のワインの生産地として、各国と貿易を行う一大商業都市となった。ワインと並び有名なのは、18世紀から建設が始まった王国広場や宮殿、大劇場など、当時の都市計画に基づく美しい街並み。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。