「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。生涯を通じてさまざまな事業を起こし、また、それらの事業を継続して発展させる、企業者としての活動に精力を傾けてきた。渋沢が関わった幾多の事業群には、大きく二つの特色がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。