約500社の企業の設立に関与した渋沢栄一は、財閥をつくらなかったことで有名です。子孫の私も探しましたが、株は残っていなかった(笑)。代わりに残した財産は、言葉です。その言葉を読み解くと、栄一のライフワークは、日本の国力を高めることだったのだろうと感じます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。