TPP交渉に当たって、一部に懸念する向きが表面化したISDS(投資紛争解決手続き)条項。これは、外国投資家が投資受け入れ国を相手として「投資(協定)仲裁」を申し立てることができる手続きをいう。不公正貿易等を扱うWTO(世界貿易機関)紛争解決手続きが国同士なのに対して、私人である投資家が申し立てられるところに特徴がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。