「今英国は大英帝国の凋落を招いたアンソニー・イーデン以来、最も無能な首相が統治しており、野党労働党はその長い歴史の中でも最低の党首を選び、議会は17世紀のクロムウェル時代以来、最悪なものとなっている。この状況下において、英国はここ半世紀で最も重要な国際的決断を迫られている」。元保守党の「ご意見番」、アン・ウィデクーム氏のコメントだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。