かつての社内エリート集団、人事部が窮地に立たされている。欲しい人材の採用難に働き方改革関連法の対応が重なったことで、パンク寸前の状態に陥っている。一方で、科学的手法による評価の導入など、人事の大刷新は働き手の給料、昇格、異動を左右する。企業と働き手に緊張感がみなぎる人事大激変の現場をレポートした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。