国内では約1000万人が孤立状態にあり、年間約3万人が孤独死しているとか。これはもはやひとごとではありません。『超孤独死社会』は、副題にもある通り孤独死した人の家財を整理し、部屋の消毒なども行う特殊清掃の現場ルポルタージュ。取材時期は猛暑となった2018年夏で、それだけに発見が遅れた“現場”は凄惨を極めます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。