オリンパスは2019年、創立100周年を迎える。顕微鏡の国産化を目指してスタートした同社は、100年を経て従業員3.6万人の大企業になった。しかし、過去10年を振り返ると、大組織にたまった膿が噴き出したり、積み重ねた技術がビジネスを硬直化させた。これではAI(人工知能)時代に勝てないと一念発起、若返り大手術に乗り出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。