日産自動車は、株主から厳しい質問を浴びせられながらも、カルロス・ゴーン前会長の追放を果たし、臨時株主総会を無事切り抜けた。しかし、日産のガバナンス刷新の要であり、同社の将来を左右する取締役人事で、新たな“火種”が発生している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。