“人生100年時代”となり、より心配されているのが認知症。ただ、認知症を治す薬の開発は難しい状況とあって、脳の神経細胞を傷つけるアミロイドβがたまり始めるころから予防をすることが勧められる。そのためには『脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!』と歯科医ではなく、脳神経内科医で認知症専門医の著者が教えてくれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。