政府は先月、アイヌ民族を日本の先住民と明記し、その文化の継承を支援する法案を閣議決定した。アイヌの人々は、もともと東北から北海道などの北方に住んでおり、「日本」という国の支配の外にあった。古代から朝廷が何度も戦いを仕掛けて討伐しようとしたが果たせず、江戸時代になって、松前藩がとうとうアイヌを支配下に置いた。その後、明治政府は強力な同化政策を取っていった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。