2018年2、10、12月と3度にわたって株式市場を襲った暴落の嵐は、適温相場に慣れた市場関係者を震え上がらせた。主犯としてアルゴリズムを駆使し、超高速で取引を行う機械取引の名が挙がるが、果たして本当か。中央銀行や外国人投資家の動向とともに検証し、常識が通用しなくなった株・為替相場の「新格言」を導き出す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。