「練達の政治の職人」なのか、それとも「暴走老人」なのか──。自民党幹事長の二階俊博が繰り出す一挙手一投足に政治全体が翻弄されているかのようだ。いずれの一手も規格外、想定外。しかもその仕掛けに自民党や与党内という枠に収まらないスケールの大きさがあり、いやが上にも二階の存在感を際立たせる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。