わが国は全世界の7%に当たる、111の活火山が密集する世界一の火山大国だ。しかし、その分布にはばらつきがある。東日本火山帯ではほぼ全域にわたって火山が密集しているのに対して、西日本では九州に15を超える活火山があるものの、中国・近畿地方には山口県と島根県に二つあるだけだ。なぜこんな差が生じるのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。