米国のトランプ大統領はドル高けん制の発言を強めており、日米通商交渉で為替問題を取り上げる意向で、円高トレンドが意識されるようになった。FOMC(米連邦公開市場委員会)が物価上昇圧力の弱さ、世界的な景気鈍化などから、追加利上げに「様子見」であることも、ドル高一巡に拍車を掛けている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。