2018年に28年ぶりの低成長となった中国経済は、16、17年と続いた景気加速からの反動と、米中貿易摩擦を背景とした家計・企業の先行き懸念によって、減速が強まっている。党・政府は、昨年夏以降、景気安定維持の姿勢を強め、1兆元を超える減税・各種費用削減などを行った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。