ドイツのダイムラーとBMWは2月28日、自動運転技術の開発のために提携する方針を明らかにした。両社が調印した趣意書によると、手始めに運転支援システム、高速道路での走行、自動駐車機能などレベル4の共同開発を目指し、これらの技術を2020年代半ばまでに実用化する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。