「交通事故で歩行者が負傷。映像で傷を確認できますか」「胸部は固定。頭部の傷は圧迫止血して」救急車で搬送中の患者の容体を、救急病院の医師がリアルタイムで確認しながら指示を出す──。これはNTTドコモと前橋市が2月15日に実施した、救急搬送に5Gを活用する全国初の実証実験の光景だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。