一方、中国明代の著名な思想家である呂新吾は、リーダーの資質について、その著書『呻吟語』の中で、次のように述べています。「深沈厚重なるは、これ第一等の資質」、つまりリーダーとして一番重要な資質とは、常に深く物事を考える重厚な性格をもっていることであり、リーダーはそのような「人格者」でなければならない、と言うのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。