イーロン・マスク氏率いる電気自動車メーカーのテスラは環境問題に関して優良企業なのか。最悪の企業なのか。それともそこそこなのだろうか。ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハザウェイのガバナンス(統治)は米国の大手企業の中でも最悪の部類に入るのだろうか。ゼネラル・モーターズは最も社会的な意識の高い企業の仲間なのか。それとも最も意識の低い企業の仲間なのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。