ビッグデータの重要性が認識されるようになってきた。これとともに、データを売買しようとする試みが広がっている。これには、幾つかの形態がある。「データ流通環境整備検討会 AI、IoT時代におけるデータ活用ワーキンググループ」(内閣官房情報通信技術〈IT〉総合戦略室)は、2017年3月の「中間とりまとめ」で、次のような類型を区別している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。