「近いうちに信を問う」──。首相の野田佳彦が自民党総裁の谷垣禎一とのトップ会談で示した、衆院解散をめぐる謎めいた発言の余波がいまだに収まらない。それどころか「近いうち」という抽象的な表現が憶測に憶測を呼び、ますます見通しを不透明にしている。自民党内でもこのトップ会談の評価が真っ二つに割れる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。