業績悪化を織り込み、年末年始に株価は急落した。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ停止などで株式市場は小康状態を保っているが、さまざまなリスク要因を抱え、視界は不透明なまま。保有銘柄の点検のためにリスク要因ごとに影響の大きい銘柄を抽出するとともに、視界不良の中でも下値不安の小さい銘柄をピックアップした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。