情報通信技術(ICT)やロボット技術などを活用し、農作業の省力化や高品質生産を目指す「スマート農業」。担い手不足を解消したり、国際競争での劣勢を覆したりするための切り札として期待されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。