AIは通常、効率化に使うものですが、農業の場合、原価低減だけではなく、製品の付加価値を高められる。なぜなら農業は手間をかけるほど製品の価値が上がるからです。これまで、生産者が苦労しながら雑草を抜くなどして無農薬や減農薬栽培をしてきた。この重労働をAIやロボットが自動化するのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。