日立製作所でトップ交代の観測が強まっている。同社会長と経団連会長を兼務する中西宏明氏が主導した英国での原発建設計画に終止符を打ったことで、日立に残る“会長案件”がなくなり、世代交代の環境が整ったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。