『旧約聖書』の中で天地創造や人類の始まりなどを描いた「創世記」の中に、アダムとイブの物語がある。多くの人が知るように、イブは蛇の悪魔の誘惑に負け、神の教えに背いて禁断の果実(知恵の木の実)を口にしてしまう。そして、アダムもこれを食べた。このことで2人はエデンの園を追われることになったとされている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。