デジタル革命の到来で、高度なIT人材の超売り手市場になっている。年収をつり上げているのは、メルカリに代表される新興IT企業。そして、IT戦略をおろそかにしてきた事業会社だ。日本のIT人材の最大勢力は、人気薄のシステムエンジニア。高度人材の争奪戦は熾烈になるばかりで、「採用力」が企業の存亡を決することになりそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。