働き方改革関連法の一部が2019年4月に施行される。企業は従業員に年5日の年次有給休暇を取得させることや、労働時間等に係る管理簿の作成が義務付けられる。大企業には、残業時間の上限規制が設けられ、年720時間、月100時間未満、複数月平均80時間が残業の上限となる。中小企業への適用は1年後で、自動車運転や建設業、医師等は24年4月から適用される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。