1997年にカール・セーガンの同名小説を映画化したSF映画「コンタクト」は、地球外知的生命体との接触を題材にしたものだ。ジョディ・フォスター演じる主人公が、宇宙から受け取った電波信号が「素数」を表していると気付くところから、物語は急展開する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。