私は、昨今、日中関係が密接になるにしたがい、日本で「中国脅威論」が台頭し始めていることを、たいへん危惧しています。この二一世紀の日中関係は、友好関係に基づき、両国が共存共栄を図ることのできるようなものであるべきで、そういうすばらしい環境をつくっていくことがたいへん大事だとかねて思っています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。