3・11から1カ月後の4月18日にクーポン販売に乗り出したのは、このままでは人が来なくなるとの危機感からだった。企業の宴会は延期され、個人の間でもレジャーへの消費を控える動きが顕著に出始めた。何か新しい起爆剤が欲しいと思っていたときに、熱心に営業をかけてきたのがリクルートのクーポンサイトの担当者だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。