「この選挙で勝つと負けるとでは天国と地獄との差がある」。自民党選対の最高幹部がこう語る「この選挙」とは、1月27日に投開票が行われた山梨県知事選挙だ。結果は自公が推した元衆院議員の長崎幸太郎が現職の後藤斎を3万票の大差で破った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。