東京電力の新体制がスタートして1カ月余りが経過した。だが、福島第1原子力発電所の事故処理に電気料金の値上げ、原発の再稼働、長期的な廃炉や除染の処理と、国民生活に直結する数々の課題は何も変わっていない。実質国有化を経て、新生東電はどこへ向かうのか、かじ取りを担う新社長に意気込みと抱負を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。