2018年11月27日、フランス南部のモンペリエ空港からレンタカーでマルセイユに到着した。ちょうど燃料税引き上げに抗議する「黄色いベスト運動」の真っ最中。車道の両脇に置かれたドラム缶から火が燃え上がり、黄色いベストを着た男たちが大声で叫びながらフランスの国旗を振り回す様子は映画「パリ・コミカル」のワンシーンのようだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。